SSJ Tech Lab - Oracle Database テクニカルラボ

12c非推奨 – RAWデバイスの使用廃止

対応バージョン

Oracle Database 12.1

2014-12-26記事公開

Oracle Database 12cR1からRAW記憶域デバイスのサポートが終了しました。
11gの頃からRAWデバイスについてはアップグレードのみのサポートとなっていましたが、12cではサポートされません。

Oracle Databaseアップグレード・ガイド
12cリリース1 (12.1)
B71306-02
8 Oracle Database 12cで非推奨となった機能とサポートが終了した機能
http://docs.oracle.com/cd/E49329_01/server.121/b71306/deprecated.htm#BABFGIBC

コメント

RAW記憶域デバイスのデータベースから12c移行へアップグレードする場合、Oracle ASM(Automatic Storage Manager)、クラスタ・ファイル・システム、NFSを選択することになります。

RAW記憶域デバイスの代替の機能となるのはASMとなりますが、通常のアップグレードのほかに、大きな項目としては以下の点に注意する必要がありますので、アップグレードの際には考慮漏れのないように注意してください。

  • ・ASMに必要な、Grid Infrastructureのディスクサイズ、メモリサイズが増える
  • ・バックアップ時にddコマンドやストレージ側の機能にてスナップショットを使用している場合は、バックアップについての確認(制限やサポート状況等)
  • ・運用手順の見直しなど

特にASMでのバックアップにおいてはOracle RMAN(Recovery Manager)が推奨されますので、RMANに変更する場合、RMANを使用しない場合にかかわらず、バックアップ・リカバリのテストは漏れずに行うことを、忘れずに検討してください。


関連記事

関連記事が存在しません